20160808%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg

<写真・ベスト32入りを果たした鴈金(右)・石津ペア>

8月8日、福岡県三萩野庭球場にて第71回三笠宮賜杯全日本学生ソフトテニス選手権大会2日目が行われた。関学からは6ペアが出場。その中で岡田(社4)・掃部(商3)ペア、鴈金(人3)・石津(教4)ペアがベスト32入りを果たした。あすは同会場でシングルスが行われる。


【本日の試合結果】ベスト32
岡田 掃部☆5ー3
☆5ー0
★3ー5
鴈金 石津☆5ー3
☆5ー3
★3ー5

ベスト64
藤木(商4)浦東(教2)☆5ー1
★4ー5

ベスト128
吉信(人1)二階堂(人1)★3ー5
古賀(教3)中村(経3)★4ー5
橋本(法3)田中(理2)★0ー5


試合後のコメント
ベスト32入りを果たした鴈金秀基「石津さんとは今年からペアを組み始めたが、成績を残せていなかった。インカレではいい試合をしようと心掛けてやってきたので素直にうれしい。途中で足をつってしまったので、今後は下半身の強化とレシーブに力を入れていきたい」
昨年のベスト64に続きベスト32入りを果たした石津浩二「きょうは1試合目が強い相手だったが、気持ちで負けないように元気だけは出そうと思った。鴈金がミスをした後も声をかけて助けてくれた。最後のインカレでいいテニスができてよかった」

このページの先頭へ