160924%E3%82%BD%E3%83%95%E3%81%A6%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg<写真・シングルスで力を見せた大森女子主将>

 9月24日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成28年度関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦(1日目)が行われた。昨年優勝校として臨んだ関学。初戦で強豪天理大に0ー3で完敗し、続く立命大にはシングルスで大森(文3)が勝利するもダブルスでは力を発揮することができず敗北。だが、3戦目では春リーグ覇者の神戸松蔭女子大に序盤から勢いづき、2勝1敗で勝利。この日の結果は1勝2敗となり、あすは上位を目指し、巻き返しを図る。

本日の試合結果
対天理大
秋田(社3)・竹田(社2) ★2ー4
S 大森 ★1ー4
D1 中村(文1)・黒田(法3)★3ー4

対立命大
秋田・野崎(文2) ★1ー4
S 大森 ☆4ー0
永尾(社1)・竹田 ★0ー4

対神戸松蔭女子大
黒田・中村 ☆4ー1
大森 ☆4ー1
秋田・竹田 ★3ー4

試合後のコメント
女子主将大森優理(文3)「きょうは3年生で自分が勝つっていう気持ちはあったけど、インカレ3位になったこともあって受け身な気持ちがあったと思う。1、2戦目は勢いをつけられなかったが、気持ちを切り替えて3戦目で春リーグ覇者の神戸松蔭女子大に勝てたのはよかった。あすは全力で出し惜しみせずに、伸び伸びとプレーして優勝したい」

このページの先頭へ