20160925%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg

<写真・相手のサーブをレシーブする大森>

9月25日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成28年度関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦(2日目)が行われた。前日を1勝2敗で終えた関学は、4戦目の関大戦で苦戦。1勝1敗で迎えた最終D(ダブルス)で秋田(社3)・竹田(社2)が相手の勢いを止めることができず、惜しくも1ー2で敗れた。しかし、続く金蘭大戦では序盤から関学ペースで試合が進み3ー0で完勝。この日の結果は1勝1敗となり、秋季リーグ戦は2勝3敗で4位に終わった。


本日の試合結果
対関大
D1 中村(文1)・黒田(法3) ★3ー4
S 大森(文3) ☆4ー3
D2 秋田・竹田 ★0ー4

対金蘭大
D1 中村・黒田 ☆4ー1
S 大森 ☆4ー0
D2 秋田・竹田 ☆4ー1


試合後のコメント
大森優理女子主将 「昨日は2敗してしまったから、きょうは2試合とも勝とうと思っていた。でも、関大に負けたのは精神的な弱さが出たから。どれも負ける試合ではなかった。ただ、金蘭大戦では自分たちのテニスができたから勝てたと思うし、力を出し切れた試合だったと思う。この秋リーグで出た課題をこれから改善して、チーム全員が一丸となって頑張っていきたいと思う」

このページの先頭へ