20161218%E3%80%80%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・試合後、記念撮影する選手たち>

 12月18日、同志社大学京田辺キャンパステニスコートにて第63回東西六大学ソフトテニス王座決定戦(対早大)が行われた。関西代表として、インカレ5連覇中の早大との対戦。鴈金(人3)・掃部(商3)ペアが4ー3で白星で先陣を切ったが、その後は3連敗。あと1敗で敗退が決まる中、吉信(人1)・浦東(教2)ペア、橋本(法3)・田中海(理2)ペアの連勝で試合を振り出しに戻した。最後は吉川(法2)・中村真(法1)が3ー4で敗れ、頂点には届かなかったが、来年に期待が高まる結果となった。
 また、女子対抗戦も行われ関学からは永尾(社1)と中村(文1)が出場。2ー4で敗戦となった。

本日の試合結果 対早大
鴈金・掃部ー川村・奥村 ☆4ー3
前田(経2)・二階堂(人1)ー髙橋・井山 ★1ー4
田中維(教1)・高坂(商1)ー高倉・大津 ★1ー4
古賀(教3)・中村健(経3)ー長尾・松本★3ー4 吉信・浦東ー山根・岩本 ☆4ー3
橋本・田中海ー成迫・小西 ☆4ー1
吉川・中村真ー因・田口 ★3ー4

女子対抗戦
永尾・中村ー斉藤・鈴木(明大) ★2ー4

試合後のコメント
鴈金秀基・掃部裕介ペア「勝ちにこだわって、勝てたことが何より。入りが悪く、常に相手にリードされる展開だったが、負けている時にミスすることなく粘ることができたと思う。来年はみんなで楽しみたい気持ちもあるが、結果も欲しい。成績を残して、下級生に思いっきりやってこいと言えるような4年生になりたい」
古賀勇哉・中村健太郎ペア「勝てる試合だっただけに負けてしまってとにかく悔しい。自分たちは絶対に勝たないといけなかったから、チームに申し訳ない。もっと序盤から前にプレッシャーをかけていれば展開は変わっていたかもしれない。でも、普段は試合に出ていない下級生たちがよく頑張ってくれていて自分たちにとっても刺激になった。今日の負けを糧にして、もっと強くなって春リーグで絶対に優勝し、早大ともう一度対戦して今度こそ勝ちたい」
橋本篤輝・田中海斗ペア「入学してこんな舞台で勝てるとは思っていなかったのでうれしい。前のメンバーが負け、勝たないといけない場面になって緊張はあった。反省もあったが、攻めて攻めてプレーすることができてよかった。1年ちょっとくらい組んで、要領も分かる。このペアは来年限りなので、勝っていけるようにしたい」
吉信克也・浦東寿ペア「きょうの試合はお互いが苦しいときに助け合って点が取れていてとてもいいゲームだった。普段試合に出ていないメンバーが横のコートで勝っていると知っていたので、何としても自分たちも勝って次につなげないといけないと思っていた。結果はギリギリだったけど勝ててほっとしている。チームとしては早大に3ー4で負けてしまったが、全員で戦えたいい大会だったと思う」
吉川塁・中村真ペア「悪くはなかったが、最後に取りきれなかったのは甘さや弱さがあった。絶対に取れるポイントで取れなかったら勝てない。リーグ戦で活躍することはもちろん、個人戦のタイトルも狙える存在だと思う。基本的なことから練習して実力をつけていきたい」

このページの先頭へ