20170416%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
<写真・強烈なストロークを放つ大森>

 4月16日、同志社大学多々羅キャンパスにて平成29年度関西学生ソフトテニスシングルス選手権大会2日目が行われた。本日はベスト32以降のトーナメント戦が行われ、関学女子からは5名が出場。大森(文4)がベスト8入りを果たした。また、黒田(法4)がベスト16、秋田(社4)、中村(文2)、村井(文1)がベスト32で今大会を終えた。

[本日の試合結果]
4回戦
村井★3ー4志牟田(松蔭大)
秋田★1ー4下地(関外大)
中村★0ー4西岡(関大)
大森☆4ー1山田(立命大)
黒田☆4ー0藤木(関大)

5回戦
大森☆4ー1中西(松蔭大)
黒田★2ー4矢田部(松蔭大)

準々決勝
大森★0ー4生田(松蔭大)

試合後のコメント
ベスト8入りを果たした大森優理主将「きょうのプレーは悪くはなかったが、攻めることができなかった。最後の相手は強い相手で、自分のプレーを分析されていた。悔しいけれど西カレ、インカレのシングルスに出る権利をもらえたのでよかったと思う。これからは主将として自分が勝ってチームを引っ張っていけるように頑張りたい」

このページの先頭へ