20170503%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
<写真・精一杯の声援を送るベンチメンバー>

 5月3日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成29年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦(1日目)が行われた。初戦で強豪神戸松蔭大に1ー2で敗れるも、続く千里金蘭大戦では3ー0、関大戦では2ー1と快勝。優勝へ望みをつなげた。この日の結果は2勝1敗となり、あすはさらなる上位を目指す。

本日の試合結果
対神戸松蔭大
D1秋田(社4)・野崎(文3)★1ー4
S 大森(文4)☆4ー3
D2 中村(文2)・黒田(法4)★1ー4

対千里金蘭大
D1 秋田・竹田(社3)☆4ー3
S 大森☆4ー1
D2 大山(商1)・黒田☆4ー3

対関西大
D1 秋田・竹田☆4ー0
S 大森 ★2ー4
D2 大山・黒田☆4ー2

試合後のコメント
女子主将大森優理「きょうの試合はプレーも応援もとてもよかったと思う。チーム内で自分のやるべきこと、存在意義を考えてほしいということを口うるさく言ってきたが、それが表れた試合だった。勝たせる気持ちが全員にあったのが勝因。残り2試合しかないので、全部勝って優勝できるように頑張りたい」

このページの先頭へ