20170504%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg

<写真・立命大戦で勝利し、笑顔を見せる吉信(左)・掃部ペア>
 
 5月4日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成29年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦(2日目)が行われた。4戦目で関外大に1ー4で敗北し、迎えた立命大戦。第1ダブルスの鴈金(人4)・中村健(経4)ペアが勝利し、勢いづいた関学は4-1で立命大に勝利した。春季リーグ戦は通算2勝3敗で4位となった。
 
本日の試合結果
対関外大
D1 雁金・中村健★2-4
D2 遠藤(教1)・古賀勇(教4)★1-4
S 廣瀧(社1)★3-4
D3 吉信(人2)・掃部(商4)☆4-3
D4 吉川(法3)・古賀亮(商1)★1ー4
 
対立命大
D1 雁金・中村健☆4-3
D2 遠藤・古賀勇☆4ー2
S 二階堂(人2)☆4-2
D3 吉信・掃部☆4-2
D4 吉川・古賀亮★3ー4
 
試合後のコメント
男子主将古賀勇哉「4位という結果には満足できない。やっぱり初戦の同大戦が勝負の分かれ目だったと思う。あそこで勝ち切れていれば勢いに乗っていけたし、雰囲気も違った。勝負どころでの1本がどれだけ大切か改めて痛感した。今年のチーム目標だった関西制覇を春ではできなかったけれど、まだ先がある。この悔しさを糧にして西日本インカレで優勝できるように頑張っていきたい」

このページの先頭へ