DSC_0806.JPG
<写真・女子で唯一勝利を挙げた大山・黒田ペア>

 6月18日、関西学院大学第1フィールドテニスコートにて第40回総合関関戦が行われ、関学は2-5で関大に敗北した。男子が4ペア、女子が3ペアで行われた総合関関戦。2勝5敗で迎えた6番手ダブルスの中村(文2)・安田(人3)ペアに勝負は託される。両者一歩も譲らないゲームが続くも、ファイナルセットの末接戦を落とした。2勝5敗で総合関関戦2年ぶりの勝利とはならなかった。

本日の試合結果
鳥居(社1)・高坂(商3)☆4-3谷口・飯田
永尾(社2)・竹田(社3)★3-4薮内・岡田
吉川(法3)・中村真(法4)★2-4石田・島津
大山(商1)・黒田(法4)☆4-1田中・中崎
吉信(人2)・掃部(商4)★1-4浅井・奥村
中村・安田★3-4西岡・賀川
鴈金(人4)・中村健(経4)★1-4岩木・三宅

試合後のコメント
女子で唯一の勝利を挙げた大山千尋・黒田優衣ペア「調子はよかった。自分たちの2人で1本を取るテニスができた。関関戦は独特の雰囲気だったが、特に緊張することなかった。これから西カレがあるが団体優勝だけを狙って、最後の1本を取りきれるテニスをしていきたい」

このページの先頭へ