_DSC0096.JPG
<写真・チーム唯一の2勝を挙げた遠藤・古賀勇ペア>
7月8日、滋賀県長浜市民庭球場にて平成29年度西日本学生大学対抗ソフトテニス選手権大会が行われた。昨年同大会ベスト8の関学だったが、準々決勝で関外大に0ー2で敗れ、2年連続のベスト8となった。 初戦から西南学院大に3ー0で圧勝すると、続く愛知学院大も2ー0で完勝。準々決勝は、春季リーグ戦で敗北を喫している関外大との対戦となった。チーム一丸となって戦ったが、雪辱を晴らせず敗戦。目標の優勝には届かず、2年連続のベスト8に終わった。 あすは同会場にて平成29年度西日本学生ソフトテニス選手権大会ダブルスが行われる。

本日の試合結果
2回戦
対西南大
廣瀧(社1)・古賀亮(商1)☆4-1
遠藤(教1)・古賀勇(教4)☆4-0
吉信(人2)・掃部(商4)☆4-0

3回戦
対愛院大
雁金(人4)・中村健(経4)☆4-3
遠藤・古賀勇 ☆4-0

準々決勝
対関外大
雁金・中村健 ★1-4
吉信・掃部 ★2-4

試合後のコメント
主将古賀勇哉「悔しいです。チームとしても関西選手権が終わって、今までの中で一番厳しい練習をしてきた。攻めるテニスはできていたが、それ以上にミスが多かった。相手はミスが少なく、その差が出た試合。インカレまでに一人一人がチームのために自分に何ができるのかを考えてやっていってほしい」

このページの先頭へ