_DSC0519.JPG
<写真・表彰式後、記念撮影に応じる鴈金・中村健ペア>

 7月10日、滋賀県長浜市民庭球場にて平成29年度西日本学生ソフトテニス選手権大会2日目が行われた。
関学からはダブルスペア3組が出場。廣瀧(商1)・浦東(教3)ペアが5回戦敗退。決勝は掃部(商4)・吉信(人2)ペアと鴈金(人4)・中村健(法4)ペアの同校対決となり、鴈金・中村健ペアが勝利し、優勝した。
 あすは同会場でシングルスが行われる。

試合後のコメント
中村健太郎「無欲の優勝だった。まさか優勝できるとは1ミリも思っていなかった。自分たちと対戦するときに限って相手がミスをしたりと運が良かったと思う。今回は個人戦での優勝だったが、インカレでは団体戦一択で優勝する」
鴈金秀基「優勝できて素直にうれしい。運もあってきょうは曇っていたから、暑くなくてよく動けた。だが、団体戦で自分が負けてしまったのが悔しい。インカレでは団体戦メインで頑張りたい」

このページの先頭へ