20170805%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

<写真・得点を決め、喜ぶ選手たち>

  8月5日、石川県立能都健民テニスコートにて第71回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権大会が行われた。
 関学は1回戦の四国大戦で3ー0、2回戦の大体大戦で3ー1、3回戦の日本女子体育大戦では殲滅戦の末、3ー2で勝利し、昨年に続き、準々決勝進出を決定。あすは同会場にて準々決勝以降の試合が行われる。

[本日の試合結果]
1回戦 対四国大学
大森(文4)・竹田(社3)☆4ー1
大山(商1)・黒田(法3)☆4ー2
秋田(社3)・野崎(文2)☆4ー1

2回戦  対大体大
秋田・野崎☆4ー0
大山・黒田★2ー4
大森・竹田☆4ー0
秋田・野崎☆4ー0

3回戦 対日本女子体育大
秋田・野崎★1ー4
大山・黒田☆4ー1
大森・竹田☆4ー1
大山・黒田★1ー4
大森・竹田☆4ー0

試合後のコメント
女子主将大森優理「1試合目はオーダーを変えて臨んだが、雰囲気はあまり良くなかった。だが、実力差があったから勝ち切れたと思う。2試合目からは応援も選手も力を出し切れた。いい試合だったと思う。あすはしんどい試合になる。向かっていくしかないので、自分のプレーをして悔いのないように頑張りたい」

このページの先頭へ