DSC_0256.JPG
<写真・表彰式後、写真撮影をする選手たち>
 8月6日、石川県七尾市和倉温泉運動公園テニスコートにて第71回文部科学大臣杯全日本大学対抗ソフトテニス選手権大会2日目が行われた。
日体大との準々決勝では鴈金(人4)・中村健(経4)ペアが敗れるも、古賀勇(教4)・遠藤(教1)ペアがファイナルゲームで2本勝利し、ベスト4進出を決めた。準決勝の相手は昨年敗戦を喫した明大だったが、雪辱を晴らすことができず目標の日本一には届かなかった。あすは同会場にてダブルスが行われる。 

【本日の試合結果】
準々決勝 対日体大
鴈金・中村健★2-4
古賀勇・遠藤☆4ー3
吉信(人2)・掃部(商4)☆4ー0
古賀勇・遠藤☆4-3

準決勝 対明大
鴈金・中村健★1-4
古賀勇・遠藤★3-4
吉信・掃部☆4-3
吉信・掃部★2-4

試合後のコメント
鴈金・中村健ペア「ベスト4を達成してうれしい気持ちもあるが、悔しさもある。相手は強かったが楽しくテニスができた。敗因は力の差だと思う。関東の大学は球が速いことは知っていたが、想像以上のものだった。みんなが応援してくれたから頑張れた。残りの試合も楽しんでやっていきたい」

このページの先頭へ