20170808%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
<写真・敗北し肩を落とす大森(左)・竹田ペア>

  8月8日、石川県立能都健民テニスコートにて第72回三笠宮賜杯全日本学生ソフトテニス選手権大会2日目が行われた。
 この日は1日目を勝ち抜いた5組が出場。ベスト64以上の戦いが行われた。秋田(社4)・野崎(文3)ペア、永尾(社2)・米田(教4)ペア、中村(文2)・安田(人3)ペアがベスト64。大森(文4)・竹田(社3)ペア、大山(商1)・黒田(法4)がベスト32となった。
  あすは同会場にてシングルス大会が行われる。

[本日の試合結果]
4回戦
大山・黒田☆相手が棄権のため
大森・竹田☆5ー2
秋田・野崎★1ー5
永尾・米田★2ー5
中村・安田★4ー5

5回戦
大山・黒田★2ー5
大森・竹田★4ー5
           
試合後のコメント
女子主将大森優理「1試合目は気持ちをつくれていたが、2試合目で9回ゲームの怖さを知った。最初はリードしていたが、追いつかれてしまった。しんどいところで踏ん張れなかったのが敗因だと思う。あすからのシングルスではいい結果を出せるように頑張りたい」

このページの先頭へ