20170808%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
 
<写真・ベスト32入りを果たした古賀勇(左)・遠藤ペア>
 
 8月9日、石川県七尾市和倉温泉運動公園テニスコートにて第72回三笠宮賜杯全日本学生ソフトテニス選手権大会、第59回全日本学生ソフトテニスシングルス選手権大会が行われた。
まずはダブルスが行われ、7日にベスト64入りを果たした古賀勇(教4)・遠藤(教1)ペアが唯一出場。4回戦を突破するも、5回戦は初日の団体戦で6連覇を達成した早大に0-4で破れ、ベスト32で終えた。その後に行われたシングルスには古賀勇、掃部(商4)の2選手が出場。古賀はあすからの出場となり、掃部は初戦敗退となった。
シングルスはあすも同会場にて行われる。
 
【本日の試合結果】
ダブルス
4回戦
古賀勇・遠藤☆5-3
 
5回戦
古賀勇・遠藤★0-5
 
シングルス
1回戦
掃部★2-4
 
試合後のコメント
古賀勇哉主将「ダブルスではベスト8入りを目標にしていたので悔しい。シングルスは自身最後の公式戦となる大会なので、もう無理というところまで頑張りたい」

このページの先頭へ