20170810%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg


<写真・試合に敗北し悔しい表情を浮かべる大森>

  8月10日、石川県立能都健民テニスコートにて第59回全日本学生ソフトテニスシングルス選手権大会2日目が行われた。
   関学からは1回戦を勝ち抜いた大森(文4)、秋田(社4)、黒田(法4)が出場。黒田がベスト64、秋田がベスト32、大森がベスト16となった。
   これでインカレの全日程が終了。次戦は9月3日、早稲田大学にて早関戦が行われる。
   
[本日の試合結果]
2回戦
黒田★3ー4大久保(慶應大)
秋田☆4ー0吉井(中京大)
大森☆4ー0高橋(明大)

3回戦
秋田★1ー4草野(早大)
大森☆4ー1橋本(金沢大)

4回戦
大森★3ー4小野(日本女子体育大)

試合後のコメント
女子主将大森優理「ベスト16に入れたから良かったかなという感じ。団体戦、ダブルスに力を入れていたので、そこまで悔しさはない。体力の面で相手の方が上だった。仕掛けにこられて、カットサーブにも対応してくる相手だった。昨年準優勝して、周りの期待も大きかった。だから余計に力が入ってしまったのかもしれない。今回のインカレは成績を残せなかったが楽しかった。1年生の活躍を見られたし、自分の踏ん張りを周りが見て、影響を与えられていたらいいインカレになったと思う」

このページの先頭へ