20170903%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・今試合で引退となった4年生たち>

  9月3日、早稲田大学所沢キャンパスにて第82回早関軟式庭球定期戦が行われた。全国制覇の経験がある早稲田大相手に女子は大山(商1)・黒田(法4)ペアが唯一勝利するも1ー2、男子も鴈金(人4)・中村健(経4)と、2次戦まで持ち込むも1ー6で敗北となった。
本日をもって4年生は引退。9月25、26日に行われる秋季リーグで新チーム始動となる。

【本日の試合結果】
大山・黒田☆4-3
秋田(4)・ 野崎(文3)★3-4
大森(文4)・竹田(社3)★1-4

吉川(法3)・中村真(法2)★3-4
田中維(教2)・古賀亮(教1)★1-4
鴈金・中村健☆4-1
美甘(経1)・二階堂(人2)★0-4
古賀勇(教4)・遠藤(教1)★0-4
吉信(人2)・掃部(商4)★0-4

鴈金・中村健★2-4

試合後のコメント
男子主将古賀勇哉「力の差を感じた。相手のプレーには無駄がなかった。インカレの勢いを出したが出し切れなかった。この1年間やってきて全国で通用するチームになれたと思う。後輩たちにはインカレ優勝を目指して練習してほしい」
女子主将大森優理「負けてしまったけれど、みんな良い試合をしていた。けれど自分が主将として、勝たなければいけなかった。今年はあまり結果が出なかったが、雰囲気も良く、誰からも応援されるチームをつくれたと思う。やりたいことをやり切れなかった物足りなさもあるが主将をすることができて良かった。後輩には目標を明確にして、全員が同じ方向に向かってやっていけるチームを目指してほしい」

このページの先頭へ