5月13日、堺市大浜公園相撲場に於いて第西日本学生相撲新人選手権大会が行われた。関学からは期待の新人、大道良太(社1)が出場。一回戦は不戦勝により、大道は二回戦へと進んだ。対戦相手は優勝候補の体重160㌔の武田(近大)。体重95㌔の大道にとって一回りほど大きい相手であったが、気合十分で挑んでいった。しかし武田に脇をさされ寄り切りという形で、二回戦敗退という結果に終わった。

試合後のコメント
大道「脇をさされてしまったのが悔しい。次の西日本大会では情けない相撲はできない。体重を落として動きやすい体で次に挑みたい」

このページの先頭へ