3日目に行われた相撲部の試合(於・関西大学相撲道場)。関学は3-0で団体戦勝利を収めた。
 今大会は3回戦制の団体戦で争われる。1回戦では先鋒・大喜多佑哉(人1)が圧倒的な強さで相手を打ち負かす。そのまま関学勢はリズムをつかみ4―1で勝利。続く2回戦、次峰・粟村文彦(経4)が激しい攻防を繰り広げ、最後は相手のまわしをつかみ相手を土俵の外へ押し倒した。後続も勝利を収め、2回戦を5―0で制した。迎えた3回戦。選手たちは順調に勝利を重ねる。そして大将・日高健人(文3)が足取りで快勝し、2回戦に引き続き3回戦も全勝。よって団体戦を完勝で終え、関大に実力の差を見せつけた。
 その後行われた個人戦。決勝戦は、日高と大喜多の関学対決となった。両者譲らない白熱した取組が繰り広げられる中、一瞬のすきをつき日高が足取りで勝負を決めた。
 今大会、彼らは2年前の雪辱を果たすと同時に自分たちの強さを証明した。

このページの先頭へ