6月19日、関西大学新凱風館相撲道場に於いて、第33回関関戦が行われた。関学は1回戦を3―0で勝利するも、2回戦を1―2で落としてしまう。しかし、3回戦で勝利し2勝1敗で関大に勝利した。
 また、その後に行われた個人戦では関学が表彰台を独占。京谷(人1)が優勝し、大喜多(人3)が2位、長澤(人2)が3位に輝いた。

 毎年勝利している関関戦。今年も「圧勝します」と、大道良太(社4)率いる関学は自信を持って試合に臨んだ。しかし、試合は予想外の展開を見せる。団体戦1回戦、関学は先鋒・長澤英樹(人2)、中堅・大喜多佑哉(人3)、大将・大道が勝利し、快調なスタートを切る。しかし、続く2回戦を香山宗裕(人2)、大道がまさかの敗北で落としてしまう。1勝1敗で迎えた3回戦。もうあとには引けない。しかし、先鋒・香山が敗北し、京谷直哉(人1)の勝利で1-1と踏みとどまる。勝敗の行方は大将戦へ。関学は大道。「プレッシャーがあった」と言いながらも、確実に勝利を収めた。予想外の接戦に大道は、「いやな汗をかいた。反省の多い試合だった」と語る。
 その後に行われた個人戦。関学は表彰台を独占。決勝戦では西日本大会の決勝を再現する大喜多と京谷の対戦が見られた。二人とも粘りの相撲を見せつけるが、京谷が大喜多を圧倒。1年生ながらに優勝を飾った。また長澤が大道に勝利し、3位となった。
 個人戦では結果を残せたものの、団体戦では課題が浮き彫りになったこの試合。関学は何を思ったのか。今日の反省をもとにさらなる飛躍に期待がかかる。

このページの先頭へ