11月7日、両国国技館に於いて、第88回全国学生相撲選手権大会団体戦が行われた。Bクラスに出場した関学は初戦に龍大と対戦した。先鋒・香山(経2)が押し倒しで1敗したあと、二陣・大喜多(人3)が押し出しで1勝1敗に持ち込む。だが、中堅・長澤(人2)が寄り切られ、まさかの敗北。後がない中、副将・京谷(人1)が寄り倒しで勝利するも、大将・田村(教2)が押し倒され、2勝3敗で龍大に敗北を喫し、今大会を終えた。

試合後のコメント
大道良太「正直、まさか負けるとは思わなかった。勝てる相手だったが、どこかで心のすきがあった。団体戦は来年も同じメンバー。長い目で見れば今日の負けはすごく成長につながる。次のシーズンここでもう一度頑張ってほしい」

このページの先頭へ