5月8日、堺市大浜公園相撲場に於いて第61回西日本学生相撲新人選手権大会が行われた。関学からは宇良(教1)と渋谷(人1)の二名が出場した。個人戦では二人とも初戦を突破するも、2回戦で敗退。団体戦は3回戦まで行うも、渋谷が負傷してしまう。そのため関学は団体戦棄権となった。

試合後のコメント
団体戦で大将を務めた宇良和輝(教1)「高校のときと違う雰囲気なので緊張した。でも次につながる良い経験ができたと思います」
団体戦で中堅を務めた渋谷暢秀(人1)「悔しい。今年は1年生なので、個人戦より団体戦で貢献できるように頑張りたいです」

このページの先頭へ