8月28日、堺市大浜公園相撲場で行われた、第36回西日本学生相撲個人体重別選手権大会。65㌔未満級に出場した宇良(教1)と75㌔未満級に出場した渋谷(人1)が優勝し、関学は2階級制覇を果たした。また、今大会に出場した8人中6人がベスト8以上の成績を収め、9月に行われる全国大会への切符を手にした。

試合後のコメント
主将・大喜多佑哉(人4)「宇良と渋谷はよくやった。ただ、もう少し上の成績を残せた選手もいる。全国では東のレベルが高いのはみんな知っているが、その中でも、宇良と渋谷は優勝してほしい。重量級はきついけど、それぞれの力を出せば結果は残ると思う」

このページの先頭へ