8月26日、堺市大浜公園相撲場において第37回西日本学生相撲個人体重別選手権大会が行われ、関学からは9人が各階級にそれぞれ出場し、主将・長澤英樹(人4)が100㌔未満級で優勝、渋谷暢秀(人2)が昨年に続き2連覇を果たすなど、好成績を残した。9月16日に行われる第37回全日本学生相撲個人体重別選手権大会には5人が出場する。

【関学勢の結果】
・永田大貴(理2) 65㌔未満級 準優勝
・渋谷暢秀 75㌔未満級 優勝
・田中雅樹(人1) 75㌔未満級 第3位
・長澤英樹 100㌔未満級 優勝
・大西貴文(文2) 115㌔未満級 ベスト8

試合後のコメント
主将・長澤英樹「やっと優勝できた。最初は緊張していて良くなかったが、だんだん調子が上がってきて勝つことができた。全日本にはもっと強い選手がいるが、最後くらい優勝したい」
2連覇を果たした渋谷「昨年優勝して、今年も優勝して当たり前という雰囲気がらあったのでプレッシャーがあったが、勝ててホッとしている。全日本では挑戦者の気持ちで自分の相撲を取りたい」

このページの先頭へ