9月16日、堺市大浜公園相撲場において第37回全国学生相撲個人体重別選手権大会が行われ、関学からは5人の選手が出場し、75㌔未満級で渋谷暢秀が優勝、田中雅樹(人1)が3位、さらに65㌔未満級で永田大貴(理2)が3位に入るなど下級生を中心に健闘を見せた。

試合後のコメント
全国制覇を果たした渋谷「念願の全国優勝ができてうれしい。西日本大会では1回戦が不戦勝だったが、今回はある程度の実力の選手とやれてそこで緊張がとれた。そして決勝ではいつもより集中できていた。今流れがいい。このままの調子でインカレに臨みたい」

このページの先頭へ