4月29日、愛媛県宇和島市営体育館特設相撲場にて第30回全日本大学選抜相撲宇和島大会が行われ、個人戦で宇良和輝がベスト8入りを果たした。東日本から8校、西日本から4校が選抜されて出場する今大会は強豪校の選手ばかりが相手の中での戦いだったが、大健闘の結果を残した。
 なお、団体戦には宇良、京谷直(人4)、渋谷(人3)、磯和(教2)、渡辺(経2)が出場。最終的に優勝した日体大には2-3と善戦したが、3戦全敗に終わり、12校中最下位で予選敗退となった。

試合後のコメント
宇良和輝「負けて当たり前の大会だったので、こんなに勝ち抜けていけるとは思わなかった。体重無差別でも勝てる自信が付いた。(5月19日に行われる)選抜大学・実業団対抗和歌山大会で自分の実力を確かめたい」

130429sumo.jpg

このページの先頭へ