11月3日、堺市大浜公園相撲場にて第91回全国学生相撲選手権大会(2日目)が行われ、関学は団体戦Bクラスの準々決勝で敗退した。団体戦は5人制で、Bクラスにおいて第3位(ベスト4)に入ればAクラスに進出できる今大会。シード権を得た関学は準々決勝からの出場となり、あと1勝でAクラス進出だったが、東日本リーグ戦でAクラスに昇格し勢いに乗る専大に2ー3で敗れ大会を終えた。主将・京谷直(人4)はこの試合で引退となった。

このページの先頭へ