5月18日、和歌山県営相撲場にて、第52回全国選抜大学・実業団対抗相撲和歌山大会が行われ、関学からは地元出身選手枠でいずれも箕島高出身の主将渋谷暢秀(人4)と古川裕貴(人1)が出場した。渋谷は朝長(九州電力)にはたき込みで敗れ1回戦で敗退。1回戦が不戦勝となった古川も三輪(日体大)に敗れ2回戦で姿を消した。

このページの先頭へ