DSC_0020%20%281%29.JPG
<写真・団体戦の先鋒戦で相手を突き落とし勝利した渡辺>

 3月1日、堺市大浜公園相撲場にて第2回西日本学生相撲競技会が行われた。個人戦では寶和(教1)が初戦敗退。渡辺(経3)、島田(法2)が2回戦から登場するも共に敗れた。続く団体戦の1回戦の相手は同大だった。まず先鋒渡辺が突き落としで先勝。勢いがついたかと思われたが中堅寶和、大将島田が連敗し敗退が決まった。

試合後のコメント
主務・渡辺健弥「メンタルの弱さが出た。プレッシャーはなかったが稽古でやってきたことができなかった。団体戦で自分は勝利したが納得はいっていない。西日本1部昇格を目標にチームワークをもっと高めたい」

このページの先頭へ