150510%E7%9B%B8%E6%92%B2%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・公式戦に初出場した高山>

 5月10日、堺市大浜公園相撲場にて第65回西日本学生相撲新人選手権大会が行われ、関学からは2選手が出場した。
 まず個人トーナメント戦では大学から相撲を始めた高山(文1)が登場。しかし、経験者である相手に対し押し出され、ほろ苦いデビュー戦に。中尾(法1)は1回戦を突破するも、2回戦で敗れた。
 続いて行われた団体戦。関学は高山、中尾が共に出場する。しかし、体格差の大きい相手に対し押し切られ、関学は0勝7敗で8位という結果に終わった。

試合後のコメント
初心者で公式戦に初出場した高山凌「今日の結果はとても悔しい。試合が行われるにつれて、緊張は段々と解けていった。まだ自分の中で相撲の勝ち方が分かっていない。目標はまず他校から1勝すること。そのためにこれから練習に励んでいきたい」

このページの先頭へ