150726%E7%9B%B8%E6%92%B2%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・準々決勝で相手を押し出した古川>

 7月26日、大阪府堺市大浜公園相撲場にて第40回西日本学生相撲個人体重別選手権大会が行われた。
 まず主将田中(人4)が85㌔未満級に出場。昨年の全国学生相撲選手権大会以来の公式戦だったが、2回戦で中村(金学大)に敗れた。
 100㌔未満級では関学から6選手が出場した中、古川(人2)が順当に勝ち上がり3位入賞。115㌔未満級では寶和(教2)、服部(経3)が1回戦で敗れた。表彰台に関学から唯一上がった古川は9月に行われる全国学生相撲個人体重別選手権大会へと進出する。

試合後のコメント
100㌔未満級で3位入賞を果たした古川裕貴「今日の結果は非常にうれしい。2、3回戦は落ち着いて実力を発揮することができ、いい相撲が取れたと思う。準決勝では相手を攻めきれず、敗れてしまった。全国では相手が誰であろうと自分の相撲を取って3位入賞を目指したい」

このページの先頭へ