20160918%E7%9B%B8%E6%92%B2%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

<写真・敗れて悔しそうな顔をする濵田>

 9月18日、大阪府堺市大浜公園相撲場にて第41回全日本学生相撲個人体重別選手権大会が行われた。 関学からは古川(人3)、濵田(経3)が出場。濵田は西日本王者として挑んだ大会だったが、両名とも1回戦敗退となった。
 100㌔未満級では西日本3位として古川が出場し、村山(専修大)と対戦。15㌢の身長差に苦戦し、最後は土俵際で体勢を崩され波離間投げで勝負を決められた。次に行われた115㌔未満級では濵田が東(明治大)と対戦。1度目の立会いでは相手が堪えきれず待ったがかかる。仕切り直された2度目の立会いでは序盤から相手に押され土俵際へ、そのまま寄り倒しで敗北した。


試合後のコメント
服部知倫(経4)主将「インカレに向けて二人とも自分の力量がわかったと思う。今日は関東のレベルの高さを改めて再認識した。自分にとって最後の大会がインカレになる。どこまで頑張れるか、今まで以上に練習に励み、整えてインカレに臨みたい」
西日本王者として挑んだが1回戦で敗退した濵田啓史「1度目の立ち会いは完璧だったが(待ったがかかり)、2度目の立ち会いは相手が完璧だった。そこが全てだったと思う。今まで以上に力が入っていたのかもしれない。インカレまでは2ヶ月ほどある。これまで大切にしてきた基礎をより大切にして日々取り組んでいきたい」
初戦敗退に終わった古川裕貴「今日の取り組みは詰めが甘かった。相手が突っ張る相手だとわかっていたので引き落としにかからないようにした。しかし負けてしまった。勝てた取組を負けてしまい悔いが残る。インカレでは自分の相撲をとって相手に何もさせない取組をしたい」

このページの先頭へ