20171104%E7%9B%B8%E6%92%B2%E9%83%A8.JPG
<写真・関学勢では最上位となる3回戦まで進出した濵田>
 11月4日、大阪府堺市大浜公園相撲場にて第95回全国学生相撲選手権大会が開幕し、1日目は個人戦が行われた。 
 関学からは寶輪(教4)、古川(人4)、濵田(経4)、大川(文1)、仁木(経1)の5選手が出場。1回戦で大川が、2回戦で仁木、寶輪、古川が敗退してしまい、3回戦へは濵田のみが出場した。その3回戦では濵田は序盤押すも、最後は冨永(東農大)に上手投げで敗れ、優秀32選手入りはならず。個人戦で目立った成績を残すことができなかった。
 あす、同会場にて団体戦が行われ、Bクラス初戦は東北大と対戦する。

試合後のコメント
古川裕貴主将「課題が多く残る1日だった。相手は全国クラスになると力も巧さもあった。1年生には良い経験になったと思う。これを次に繋げて欲しい。あすはこのチームでも自分としても最後の試合。目標はBクラスを突破してAのトーナメントで相撲を取ること。最後に相応しい相撲を取ります

このページの先頭へ