8月29日、伏見港公園総合体育館において平成25年度秋季関西学生リーグ戦(初戦)が行なわれ、男子は京産大に6-1で圧勝、女子は龍大に2-5で敗北した。男子は第1シングルスの小坂(人1)がストレートで相手を下し勢いに乗ると、次々に勝利を重ね、ダブルス終了時点で4-0と一気に試合を決める。その後1敗するも6-1で初戦勝利を収めた。一方女子はフルセットにもつれ込む試合が多く、両校ともに譲らない戦いを展開する。しかし、ダブルス終了時点でゲームカウント1-3と後がない状況に。そこから5、6番シングルスで敗北し負けが決まってしまう。最後に池田友(社4)が一矢報いるも、2-5で敗北。初戦を勝利で飾ることはできなかった。

試合後のコメント
男子主将・小澤吉史(人4)「小坂が勝って勢いに乗れたのが良かった。全員で勝ちにいったので大事な場面で決め切ることができたと思う。1年生も強いので今後に期待していきたい。明日も前半戦で決められるように、気を引き締めて戦いたい」
女子主将・池田友里加「初戦なので勝ちたかった。1番シングルスで敗北してしまったのが痛かった。全体的にフルセットの試合が多く、競った時に勝ち切れなかった事が敗因。しかし、個人個人が意識を高く持っていてチームの雰囲気はいいので、明日は絶対に勝ちにいきたい」

このページの先頭へ