20140613pingpong.jpg
<写真・第1シングルスで勝利を飾った田中>

 6月13日、関西大学中央体育館にて第37回総合関関戦が行われ、12ー1で関大に勝利した。主力選手が不在ながらも関大に全勝する勢いで臨んだ関関戦。男子は1番シングルス田中(商1)がストレート勝ちで勢いに乗ると、8組中5組が1セットも落とすことなく全勝。女子でも圧倒的強さを見せ、わずか1敗に抑え4ー1で勝利した。男女総合で12ー1と関大に圧勝し、総合関関戦6連勝を果たした。

試合後のコメント
副将仲田凌(人4)「主力選手は半分しかいなかったが、完勝するつもりで臨んだ。目標通り、層の厚さを見せつけられた。この関関戦の勝利が、インカレベスト4、秋リーグ優勝につなげられたらと思う」

このページの先頭へ