150502%E5%8D%93%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・カットで相手を揺さぶる池上>

 5月2日、京都市横大路運動公園体育館にて平成27年度関西学生卓球春季リーグ戦初戦が行われ、男子は天理大に7-0で、女子は立命大に4ー3で勝利した。男子は第1シングルスに出場した主将久野(商4)を筆頭にシングルス、ダブルスともに終始関学優勢な試合展開でストレート勝ち。女子は女子主将池田(社4)が第1シングルスで勝利し、良いスタートを切ったがダブルス終了時点でゲームカウント2ー2と追いつかれた。しかし、第6、第7シングルスに出場した青木(社1)、池上(教1)が躍動。池上がフルセットまで持ち込んだ試合を見事勝ちきり立命大に勝利を収めた。
 第2戦(対同大)は明日9時半より京都市横大路運動公園体育館にて行われる。

試合後のコメント
主将久野徳大「まずまずの結果だった。始まったばかりでまだまだ油断できない。明日は午後からの試合にピークをもっていけるかがカギになると思う」
女子主将池田真由佳「今日はラストの試合まで勝てるオーダーにしていた。明日の相手である近大、同大は格上。今日勝ったことでみんな気持ちも乗っているのでその気持ちを押し上げたい」
女子チームに白星をもたらした池上晴美「最初は押されていたが、点数を気にしないでボールだけを見て、この1点を取ろうと思っていた。(明日からのリーグは)出た試合全勝してチームの優勝に貢献したい」

このページの先頭へ