150509%E5%8D%93%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・シングルスを終え、向山とハイタッチをする池田>

 5月9日、大阪府近畿大学記念会館にて平成27年度関西学生卓球春季リーグ戦第6戦が行われた。
 第5戦終了時点で4勝1敗の関学は芦屋大と対戦。第1シングルスで桑名(社2)がストレート勝ちを収めると、続くシングルスでも向山(人2)、青木(社1)が勝利。関学に流れを引き寄せると、ダブルスで池田(社4)・向山がストレート勝ちし、この試合で関学の勝利が決定した。しかし、第5シングルスで池上(教1)が苦戦を強いられ、1ー3と惜敗。だが、その後のシングルスで2勝と盛り返し、芦屋大に6ー1で勝利した。この勝利で関学のリーグ3位以上が決定した。
 最終戦は明日、同会場にて行われ、現在5勝1敗の関学は神松蔭大と対戦。勝てば、1971年以来の1部リーグ戦2位となる。

試合後のコメント
主将池田真由佳「(池上について)相手が前回戦った時より強くなっていた。私は考えすぎると硬くなってしまうので、一昨日と昨日はあまり考えすぎずに練習をした。みんなには個人個人でできることはできるようにしようと話していた。チームに活気が出てきて、やるしかないという雰囲気。明日勝てば2位、負ければ3位になる。勝ち負けは大事だが、とにかく明日は最後まで戦い抜きたい」

このページの先頭へ