20150529%25E5%258D%2593%25E7%2590%2583%25E9%2583%25A8.jpg
<写真・大逆転で勝利し、笑顔がはじける池田(右)・向山ペア>

 5月29日、宝塚市立スポーツセンターにて平成27年度関西学生卓球選手権大会が行われた。男女ダブルスのベスト4入りまでが決定され、女子では池田(社4)・向山(人2)ペアがベスト4進出を果たし、明日行われる準決勝へと駒を進めた。

《主な関学勢の成績》

ベスト8入り
松田(経3)・田中(商2)ペア
備本(経1)・松宮(人1)ペア
新谷(法2)・池上(教1)ペア
ベスト16入り
岩本(商3)・小坂(人3)ペア
新谷(法2)・池上(教1)ペア

試合後のコメント
女子主将池田真由佳「チーム的に良かった人と悪かった人の差が激しかった。個々の実力が発揮できたかが大きな要因だと思う。個人ダブルスでは何度もマッチポイントを取られたが、負ける気はしなかった。明日はダブルスで優勝したい」

このページの先頭へ