150530%E5%8D%93%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・決勝で勝利し喜び合う池田・向山ペア>

 5月30日、宝塚市立スポーツセンターにて平成27年度関西学生卓球選手権大会が行われ、女子ダブルスでは池田(社4)・向山(人2)ペアが優勝を果たした。初日に大逆転を制し、準決勝に勝ち進んだ池田・向山ペア。準決勝と決勝ではともにストレートで勝利し、優勝に輝いた。またシングルスでは男子7名、女子2名がベスト16入りを果たし、明日行われるトーナメント後半戦へと進む。

試合後のコメント
女子主将池田真由佳「優勝できたとは正直まだ実感していない。準々決勝から最後までの相手3ペアには勝ったことがなかった。それが逆に思い切ってできた理由かなと思う」
向山佳那「ダブルスでは力を抜いてできた。球を台に入れることだけを考えた。お互いを信頼して助け合えたと思う」

このページの先頭へ