150902%E5%8D%93%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・ポイントを勝ち取り、ガッツポーズをする青木>

 9月2日、兵庫県ベイコム総合体育館にて平成27年度関西学生秋季リーグ戦第5試合が行われた。男子は龍大に6ー1、女子は神松蔭大に4ー3で勝利した。
 男子は、2番シングルス田中が3ー0でストレート勝ちし勢いに乗ると、ダブルス終了時点で3ー1に。その後もラストシングルスまで全員がストレート勝ちするなど関学は最後まで勢いが止まらず快勝した。
 一方女子はダブルスがストレート勝ちするもダブルス終了時点で2ー2となる。その後も接戦を繰り広げ、勝敗はラストシングルス青木(社1)に託される。だが粘り強いプレーを見せ3ー1で勝利し、神松蔭大に白星を挙げた。
 第6試合は9月3日、13時半より同会場にて行われ、男子は同大と、女子は近大と対戦する。

試合後のコメント
女子主将池田真由佳(社4)「前戦の敗戦からの疲れで、5日間練習する期間があったがあえて練習時間を減らした。まだ優勝の可能性があり負けられない試合が続くので後悔しないようにだけ頑張ろうと言ってきた。ラストの青木も緊張したと思うが、最後まで粘って振り切ってくれた。明日の近大戦も思い切ってやっていきたい」
ラストシングルスで勝利した青木沙也花「3ー3で自分に回ってきて緊張したが、とにかく思い切ってやろうと思った。応援がすごかったので、勇気をもらいながら試合ができた」
ストレート勝ちしチームの勝利に貢献した備本将(経1)「1敗してるのでもう負けられない試合だった。1番シングルスは敗れたが、逆に4点とろうと考えれた。個人的に前半戦で思った試合ができず迷惑をかけていたので、気持ちで負けないように臨んだ。あとリーグ戦残りの試合は、与えられた試合を勝ち、相手にプレッシャーをかけられるような応援をしたい」

このページの先頭へ