0707%E5%8D%93%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg

<写真・3ー2で勝利した第1シングルス池上>

7月7日、京都府島津アリーナ京都にて第86回全日本学生卓球選手権大会1日目が行われた。関学は2戦全勝で予選Dブロックを1位通過。あすの決勝トーナメントへと駒を進めた。2戦目の青学大にはフルセットにもつれ込んだ試合を2度も勝利。約3時間にも渡った試合を3ー1で勝利し、予選ブロック1位通過を決めた。あすの対戦相手は抽選によって決められる。

対戦相手
第1試合対沖縄国際大
①向山(人3)3ー0☆
②青木(社2)1ー3
③新谷(法3)・向山3ー0☆
④桑名(社3)3ー0☆

第2試合対青学大
①S池上(教2)3ー2☆
②S向山3ー2☆
③W新谷・向山1ー3
④S青木3ー1☆

試合後のコメント
主将田中遥子(理4)「2試合目は1番の池上がフルセットで勝てたことで、勝てる雰囲気をつくってくれた。去年ベスト4だったので今年も入りたいが、それよりも1試合1試合を大切に全力で戦い、3日目に残りたい」

このページの先頭へ