20160708%E5%8D%93%E7%90%83%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg

<写真・専修大から1勝を奪い大金星を挙げた田中>

7月8日、京都府島津アリーナ京都にて第86回全日本学生卓球選手権大会2日目が行われた。関学は1日目の結果、2戦全勝で予選Dブロックを1位通過。本日は決勝トーナメントに挑んだ。
 1回戦では東京経済大に3ー1と難なく勝ち上がり、2回戦進出。今季関東リーグ2位の強豪、専修大との対戦となった。第2シングルス田中(商3)が白星を勝ち取り、良い流れでダブルスへ。1ー3で敗北したが、各セットでは接戦を演じた。その後、備本(経2)がセットオールの末、惜敗。専修大に1ー3で敗れ、関学卓球部男子はベスト16で今大会を終えた。

対戦相手
1回戦対東京経済大
①S田中3ー0☆
②S高橋(商1)1ー3
③W小坂(人4)・田中3ー1☆
④S岩本(商4)3ー1☆

2回戦対専修大
①S高橋 1ー3
②S田中 3ー2☆
③W小坂・田中 1ー3
④S備本 2ー3

試合後のコメント
岩本和之主将「(専修大戦について)下馬評では向こうが勝つと思われていたし、相手メンバーは個人タイトルをいくつも持っているようなスター選手ばかり。そんな相手にでも名前負けしたくなかったし、本気で臨んだので気持ちでは勝っていた。ただ、実力で負けた。自分は団体で臨む全国はこれが最後だったし、もっとみんなと一緒にプレーしたかった」

このページの先頭へ