160820%E5%8D%93%E7%90%83%E9%83%A8.jpg

<写真・試合後、悔しさをにじませながら仲間と手を合わせる岩本>

8月20日、早稲田大学卓球場にて第74回早関卓球定期戦が行われた。男女ともに早大に敗北し、2年ぶりの勝利とはならなかった。
 男女ともにセットごとでは競る場面が多かった。しかし、男子は2ー5、女子は1ー6で敗戦。秋季リーグ戦を目前に控え、関東の強豪校との対戦は課題の見えた結果となった。

結果は以下の通り。
男子
①S備本(経2) 2ー3
②S田中(商3) 3ー1☆
③S高橋(商1) 1ー3
④W小坂(人4)・田中 0ー3
⑤S小坂 3ー1☆
⑥S岩本(商4) 2ー3
⑦S松田(経4) 0ー3

女子
①S向山(人3) 1ー3
②S青木(社2) 0ー3
③S桑名(社3) 3ー1☆
④W新谷(法3)・向山 1ー3
⑤S久野(教3) 0ー3
⑥S津隈(商2) 2ー3
⑦S新谷 0ー3

試合後のコメント
岩本和之主将「もうちょっと良い勝負ができるのではないかと思っていた。だが、想像していた以上にうまくいかなかった。インカレで上位校に善戦した流れでここまできたが、そこがダメだったと思う。次の団体戦は秋リーグ。優勝しか考えられない」
女子主将に代わりチームをまとめた向山佳那「格上相手とわかっていても、負けたことは本当に悔しい。勝ち切ることの難しさを改めて感じた試合だった。今年最後の団体戦であるリーグに向けて、チーム力を大切にしていきたい」

このページの先頭へ