160906%E5%8D%93%E7%90%83%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・最終シングルスを勝利し、女子チームに開幕白星をもたらした青木>
 
 9月7日、京都府横大路運動公園体育館にて平成28年度秋季関西学生卓球リーグ戦1日目が行われた。男子は大経法大に7-0、女子は龍大に4ー3で勝利し、共に開幕白星を飾った。男子は立ち上がりから昇格組の大経法大を圧倒。危なげなく試合を展開し、1ゲームも落とすことなく勝利した。
女子は春季リーグ3位の龍大と対戦。お互い一歩も譲らず、最終第5シングルスまで勝敗がもつれ込んだが、青木(社2)が粘りの卓球を展開。長時間の試合を制し、チームに白星をもたらした。次戦はあす、13時30分から同会場にて男子は京産大、女子は立命大と対戦する。

試合結果
男子
①S備本(経2)3ー0☆
②S田中(商3)3ー1☆
③S高橋(商1)3ー1☆
④W田中・小坂(人4)3ー1☆
⑤S岩本(商4)3-0☆
⑥S松田(経4)3-0☆
⑦S小坂3-2☆

女子
①S池上(教2)3ー1☆
②S宮脇(国1)0ー3★
③S向山(人3)3ー0☆
④W新谷(法3)・向山 2ー3★
⑤S桑名(社3)3ー1☆
⑥S田中(理4)0ー3★
⑦S青木 3ー2☆

試合後のコメント
岩本和之(商4)男子主将「リーグ戦初戦で固くなると思ったが、全員が自分の仕事に責任感を持つことができていた。実力でいったら勝って当然。勝負は決まっても7試合あるので、勝ちにこだわり7戦全勝することを意識して臨んだ」
田中遥子(理4)女子主将「チームが一つになって勝てた試合だと思う。試合に出るメンバー、出ないメンバー全員が全力を出した結果。春には負けていたような接戦をものにできたのは本当にうれしい。厳しい戦いでも最後の一本まで集中していきたい」

このページの先頭へ