20170501%E5%8D%93%E7%90%83.JPG
<写真・男子第2シングルスをセットオールの末勝利した高橋>

 5月1日、京都府横大路運動公園体育館にて平成29年度関西学生卓球春季リーグ戦2日目が行われた。男子は大経法大、女子は龍大と対戦し、男子は5-2で勝利、女子は3-4で敗北した。
 男子は第1シングルスを田中主将(商4)がストレート勝ちで奪うと続く第2シングルスの高橋(商2)もフルセットの接戦を制し2-0とする。その後、大西尚(商1)や備本(経3)が実力の差を見せつけ5-2で勝利、開幕2連勝とした。
女子は向山主将(人4)が第1シングルスを3-0で勝利するもその後、一進一退の攻防が続き、3-3で最終シングルスの桑名(社4)へ。桑名が相手に食らいつくも接戦をものにできず3-4で惜敗した。
 次戦は5月2日、京都府横大路運動公園体育館にて2試合行われ、男子は京産大と天理大、女子は芦屋大と京産大と対戦する。

試合結果
男子対大経法大 5-2
①田中3-0☆
②高橋3-2☆
③山下(経2)0-3★
④備本・高橋 3-0☆
⑤廣田(経2)0-3★
⑥大西尚(商1)3-0☆
⑦備本3-0☆

女子対龍谷大 3-4
①向山3-0☆
②小脇(社1)1-3★
③青木(社3)3-0☆
④新谷(法4)・向山3-1☆
⑤宮脇(国2)0-3★
⑥池上(教3)2-3★
⑦桑名)2-3★

試合後のコメント
田中豪男子主将「きょうの結果に満足はしていない。第2シングルスの高橋が接戦をものにしたのは評価できる。あすは一戦一戦気合いを入れて、リーグ戦に出る人は負けないように、最後まで攻め切る。」
向山佳那女子主将きょうの試合は最後までどうなるかわからなった。勝っていてもおかしくなかったし、内容も悪くない。選手たちには自信を持って欲しい。あすはダブルヘッダーで精神的にも体力的にもしんどくなるが2戦とも絶対勝ちたい」

このページの先頭へ