20170506%E5%8D%93%E7%90%83.JPG

<写真・勝利し、声援に応える廣田>  

5月6日、大阪府いきいきランド交野にて平成29年度関西学生卓球春季リーグ戦5日目が行われた。男子は近大と対戦し、4ー3で勝利。女子は同大と対戦し、3ー4で敗北した。男子は昨秋リーグ3位の近大と対戦。シングルス前半戦で3連勝し、流れをつかんだかに思われたがダブルスでストレート負け。後半にシングルスを2本落とし、3-3で最終シングルスへ。最後は廣田(経2)がフルセットの激戦を制し、優勝まであと1勝に迫った。女子は昨秋リーグ優勝の女王同大と対戦。格上相手に食らいつき最終シングルスまで試合はもつれ込んだが、惜しくも敗北した。あすは同会場にて男子は立命大、女子は近大と対戦する。
試合結果男子 対近大
①山下(経1)3-2☆
②田中(商4)3-1☆
③高橋(商2)3-2☆
④備本(経3)・高橋0-3★
⑤大西尚(商1)1-3★
⑥備本0-3★
⑦廣田(経2)3-2☆
女子 対同大
①宮脇(国2)1-3★
②向山(人4)1-3★
③池上(教3)3-1☆
④新谷(法4)・向山3-2☆
⑤小脇(社1)1-3★
⑥青木(社3)3-1☆
⑦桑名(社3)1-3★

試合後のコメント
田中豪男子主将「きょうの試合は出だしに山下がしっかり勝ってくれてよかった。ダブルスから連続でシングルスを取られ、相手の勢いに押されてしまった。あすの立命大戦もいつも通り、気合いを入れて戦っていきたい」
向山佳那女子主将「改めて自分が出ているからには勝たないと意味がないと感じたし、負けて本当に申し訳ない。きのう負けてもうやるしかないとみんなに言い聞かせて臨んだ一戦。格上でも腰が引けたわけではなかったが、勝ち切れないのは精神面での弱さ。自分らしくプレーすることがまだ足りていなかった。あすで長かったリーグ戦も最後。この日のために今まで練習してきたことをやり切って、勝利したい」

このページの先頭へ