DSC_0657.JPG
<写真・勝利し笑顔の宮脇>

 9月7日、京都府横大路運動公園体育館にて平成29年度秋季関西学生卓球リーグ戦2日目が行われ、男子は甲南大、女子は龍大と対戦し、男子は4-1、女子は4-2で勝利した。
 男子は第1シングルスの田中(商4)がフルセットの接戦をものにし、流れをつかんだ。続く高橋(商2)、卯木(法3)も勝利し、3-0でダブルスを迎える。しかし、このダブルスに1-3で敗北。勝利を決め切れず勝敗は第4シングルスの廣田(経2)に託される。廣田はこの相手に冷静に対処、ストレート勝ちでチームを連勝へ導いた。
女子は初戦に向山(人4)が難なく勝利すると勢いそのまま3連勝。ダブルスで勝負を決めたかったが相手の粘りの前に接戦を落としてしまう。その後、第5シングルスの宮脇(国2)が勝負を決め、女子も開幕連勝となった。
次戦は9月8日、京都府横大路運動公園体育館にて、ダブルヘッダーのため男子は大経法大と天理大、女子は京産大と天理大と対戦する。

試合結果
男子
①田中(商4)3-2☆
②高橋(商2)3-1☆
③卯木(法2)3-0☆
④廣田(経2)・田中1-3★
⑤廣田3-0☆
女子
①向山(人4)3-1☆
②池上(教3)3-0☆
③青木(社3)3-0☆
④新谷(法4)・向山2-3★
⑤小脇(社1)2-3★
⑥宮脇(国2)3-0☆

試合後のコメント
田中豪男子主将「きょうはチームにきのうはなかった一体感があった。試合に出ている人も動きにキレがあった。自分の調子が悪い中、後輩たちが自分のプレーでしっかり勝ってくれた。あしたはダブルヘッダーだが一球一球無駄にしないように戦っていく」
向山佳那女子主将「前半の山場である試合で4ー2で勝てたので、次に繋がるいい試合だったと思う。春に比べて一人一人の集中力が上がったし、本当に頼もしくなった。あすの2戦も関学らしく受け身にならずに戦いたい」

このページの先頭へ