20170913%E5%8D%93%E7%90%83%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG

<写真・女同大に勝利し、歓喜に包まれた女子メンバー>

9月13日、兵庫県ベイコム総合体育館にて平成29年度秋季関西学生卓球リーグ戦5日目が行われた。男子は昨季3位の立命大に4ー3で勝利し、4季連続関西制覇に王手を懸けた。女子は昨年度女王の同大に4ー2で勝利。大金星を挙げた。
男子はダブルスを終えた時点で1ー3と追い込まれた。後半シングルスを託された備本(経3)、大西尚(商1)が共に3ー1で快勝すると勝敗の行方は廣田(経2)に。ストレート勝ちで圧倒し、関西制覇まであと1勝に迫った。
女子は序盤から優位に立った。向山(人4)、池上(教3)がそろって勝利するとダブルスではストレート勝ち。後半シングルスもルーキー小脇(社1)が落ち着いて1勝を挙げ、チームに勝利を呼び込んだ。女子はこれで5勝1敗とし、あすの同大対神松陰大の結果次第では優勝の可能性を残している。
あすは同会場にて男子は昨季2位の近大、女子は昨季3位の近大と対戦する。

試合結果
男子 対立命大4ー3
①高橋(経2)2ー3★
②卯木(法2)2ー3★
③田中(商4)3ー1☆
④廣田・田中0ー3★
⑤備本3ー1☆
⑥大西尚3ー1☆
⑦廣田3ー0☆

女子 対同大 4ー2
①向山3ー1☆
②池上3ー2☆
③宮脇(国2)2ー3★
④新谷(法4)・向山3ー0☆
⑤青木1ー3★
⑥小脇3ー0☆

試合後のコメント
田中豪男子主将「終わってみれば良かったと言える結果だが、競ったところで取られている。ダブルスでは自分が呆気なく負けて、いい雰囲気で後半に回すことができなかった。でも後半のメンバーがその雰囲気の中、元気にやってくれたので良かった。もう一度気を引き締めて、あすの優勝決定戦を迎えたい」
向山佳那女子主将「きのう負けて切り替えが難しい中で勝てたことが本当にうれしい。一人一人が別人かのように気合いを入れ直していたので、それが勝利につながったと思う。優勝という結果は後からついてくるもの。まずはあすの近大戦。全力で楽しんでいきたい」

このページの先頭へ