20150308sokuhou.jpg
<写真・笑顔でハイタッチする松井(左)と伊藤>

 3月8日、大阪府万博テニスガーデンにおいて、関西学生新進テニストーナメント(本戦)が行われた。
 女子ダブルスでは伊藤(教2)・松井(商2)ペアが息の合ったプレーで決勝進出を決めた。また、伊藤は女子シングルス準決勝でも6-2、6-0と1時間を切る試合時間で快勝。9日のダブルス決勝、10日のシングルス決勝で伊藤は単複優勝を狙う。

試合後のコメント
伊藤遥「シングルスは昨年のリーグ戦で負けていた相手なので、挑戦する気持ちで戦った。コートが土だったのも大きい。何が起こるか分からない。また、ダブルスは二人で楽しんでプレーすることだけを考えていた。明日も楽しみながら試合に挑みたい」
松井くるみ「ペアの遥(伊藤)が心強くて、ミスしても悩まず次のプレーへと移れた。コートが土だったのでスピンサーブがはまった。相手も取りづらそうだった。明日も自分たちから勝負して、『楽しくプレーする』をモットーに最後まで笑顔で頑張りたい」

このページの先頭へ