150529%25E5%25BA%25AD%25E7%2590%2583%25E9%2583%25A8%25E9%2580%259F%25E5%25A0%25B1.jpg
<写真・笑顔でガッツポーズをする伊藤>

 5月29日、靭テニスセンターにおいて、平成27年度関西学生春季テニストーナメント(本戦)準決勝が行われた。
 男子ダブルスでは日下(商4)・菊本(経4)ペアが惜しくも敗れベスト4に終わった。女子ダブルスでは伊藤(教3)・酒井(社3)ペアが、女子シングルスでは伊藤が見事勝利を収め、明日の決勝へと駒を進めた。決勝は明日5月30日、同会場にて行われる。

試合後のコメント
伊藤遥「シングルスは、相手が強かったがチャレンジ精神で挑んだ。自分からしっかり攻めていけたのでよかった。ダブルスではお互いに助け合えたからこそ勝てたと思う。明日は自分の力が出し切れるよう精一杯頑張りたい」
酒井渚月子「今日は自分たちのリズムでテニスができなかった。でも、相手に流されず冷静にプレーし続けられたので勝てたと思う。明日は自分たちのプレーをして、楽しんで勝ちたい」

このページの先頭へ