150904%E5%BA%AD%E7%90%83.JPG
<写真・相手にポイントを奪われ悔しさを見せる伊藤>

 9月4日、大阪府靭テニスセンターにて、平成27年度関西学生テニス選手権大会が行われた。女子シングルス決勝に出場した伊藤遥(教3)は、園女大の加治と対戦。春関決勝と同じカードとなったが、4−6、3−6で惜しくも敗れ準優勝となった。
 第1セット、伊藤は何度もブレークのチャンスを握るも取りきれず先にリードを許し4−6。第2セットも互角の戦いを見せたが、あと一歩届かなかった。

試合後のコメント
伊藤遥「打ち合うことはできていたが、大事なところでミスをしたのが敗因。足をもう一歩動かすことができていれば良かった。でも、もう切り替えている。リーグ戦ではいつも通りを意識して、勝ちに行く」

このページの先頭へ